風の村花日記

<   2011年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

今日の花

 昨日は、昨年11月に正式発足した特養をよくする特養の会の設立後初の理事会があった。会場は東京練馬の大泉学園町にある特養こぐれの里、閑静な住宅街のなかにあるその特養は平成17年にオープンした新型特養だ。時価〇〇億円はするだろう土地は造園業を営んでいたという理事長の所有地だったという。「よいケアを提供すればお金なんか残るはずはないですよね」と笑う彼の心意気に深く感銘した。
 昨年厚労省が行なった特養経営調査によると収支差額(経常利益)が10%を超えたという。「どうしたらそんなに利益を出すことができるのか?!」というのが、理事メンバー全員の感想だ。一定のレベルの介護水準を確保しようとすれば、そんなに儲かるはずはないのだ。平均が10%というのだから、それ以上に利益を出している事業者もいるわけだ。そんな特養経営者への疑問と不信を強く感じる。

 さて、今日の花。

f0203118_22303280.jpg
f0203118_22305371.jpg

 先週生けたこぶし、雲竜柳にオリエンタル百合を加えました。こぶしはつぼみのまま、まったく咲いていません。これから咲くかなあ。辻口君、もし咲いたら写真を送ってください。

f0203118_2232455.jpg
f0203118_22323296.jpg

 赤と青のアネモネが見えると思いますが、写真はかなり実物と色が異なっています。実際は、赤はもう少し深い赤ですし、青く見えているのは実は紫色です。右奥にもつぼみのアネモネがあります。
 他に、スイトピー、ワックスフラワー、ブバリエ、ユーカリです。
 後ろに隠れているのは「鬼」その脇にヒイラギを置いた。もうすぐ節分だ。

f0203118_2236062.jpg

 変わったバラがあった。一見するとラナンキュラスのようにも見える。名前を聞くと、パーティーラナンキュラというのだそうだ。

f0203118_22384838.jpg

赤と白のフリージアです。
by toruikeda | 2011-01-30 22:39

面白い話

 ある人が、池田のブログは、「です・ます」調と「だ・である」調の場合があるが、書いている人が違うのかという疑問を持っているという話を聞いた。
 その時の気分や話題の種類で変えているのです。
全部、私が書いてますよー!
by toruikeda | 2011-01-26 20:39

横浜の研修会に行ってきました。

 昨日、今日と、パシフィコ横浜で開催された研修会に参加してきた。全国福祉施設経営者協議会という団体主催で、来年に予定されている介護保険制度改定がテーマだ。
 今回の改定のキーワードは「地域包括ケア」、昨年3月に公表された地域包括ケア研究会の報告書に沿った諸改革が予定されている。できる限り自宅または自宅に近い環境で暮らし続けることができるように、「24時間365日」のケア体制をつくることが最大の課題とされている。確かに、これまでの在宅介護事業者は、例えばデイサービスは日曜や夜間、早朝に対応するものは極めて少ない。訪問介護も、深夜帯にサービスを提供できる事業者は、そうはない。それらはニーズがないからではなく、ニーズが少ないからだ。要は、採算が取りにくいという事業者側の都合で実施してこなかったわけだ。そのため、少ないとはいえ、そうしたニーズを持つ人は、在宅生活を断念し、特養等に移り住むしかなかった。
 それを変えようというのが、「地域包括ケア」だ。
 生活クラブも御多聞に漏れず、24時間365日という体制を作ってこられなかったが、来年度からはこの体質を大きく転換しようと考えている。
 今日の講義でもっとも腑に落ちたのは、長岡のこぶし園総合施設長小山剛氏の、「24時間365日の訪問介護は社会福祉法人がもっともやりやすい。施設の夜勤者を1名増やせば済む話」という一言。「夜勤者が、施設の入居者を「訪問」するか、地域の利用者を訪問するかの違いだ」との説明に深く納得。
 実は、生活クラブも、このシステムで来年度から柏でモデル事業を始めようということになっているのだが、これなら、入居系の事業を行なっているところならすぐにもできることに、ようやく気がついた。
by toruikeda | 2011-01-26 20:33

昨日の花

 今日は、12年前に亡くなった義父の記念会があったので、昨日、花入れに行った。
前後に仕事が入っており、風の村での滞在可能時間1時間半、猛スピードで何とか時間内で生けた。

f0203118_22143048.jpg
f0203118_2215298.jpg

いつも花材を買っているジョイフル本田に、めずらしく辛夷(こぶし)があった。それを2枝、それに雪柳を足した。下のほうにある細長い葉は、額縁に入れた水仙の葉をこちらにつかったのだが、妻に「余計だった」と指導された。僕も要らないかなとも思わないではなかったのだが‥
辛夷が咲いてくれるとうれしい。

f0203118_22224639.jpg
f0203118_2223270.jpg

ご覧のとおり、日本水仙です。趣を変えてみました。

f0203118_22245150.jpg

スイトピー、バラ、レザーファンです。

f0203118_22261289.jpg

水仙、菜の花、コデマリです。
by toruikeda | 2011-01-23 22:30

保守と革新、右翼と左翼

 佐伯啓思という学者をご存じだろうか。京都大学大学院教授で、いわゆる「保守本流」の研究者と言われている。今朝の朝日新聞にTPP(環太平洋パートナーシップ協定)参加の是非を論じる彼の論考が載っており、それを読んで改めて、保守対革新とか、右翼対左翼という二元論的な発想は意味を失ったのだと再確認した。
  TPPの問題は一筋縄ではない(軽々に、賛成、反対といえないということ)と感じており、なるべくいろいろな意見を読み、聞き、自分の意見をまとめたいと思っている。佐伯氏は、この問題に直接の見解を述べるというよりは、日本は成長型経済から脱皮し、グローバルな競争社会から離脱することが必要だと言っている。決して独創的な意見でも、対症療法的意見でもないのだが、極めてまっとうで、納得できる。
 先日、「デフレの正体」(角川書店)を紹介したが、今後人口が急減するこの国において、経済成長率が上昇を続けることはあり得ないと言って良い。GDPが上昇することがあるとしても、それは外需主導つまり輸出拡大によるものであり、企業がそれによって得た利益を労働者に配分しない限り、内需が拡大することはない。
 TPPに参加するかしないかという議論の前提として、今世紀末には6000万人を割ると推計されている人口急減社会における人々の暮らしの「思想」を構築することが必要だと、佐伯氏は言っているのだと思う。
 佐伯啓思に最初に触れたのは、10年ほど前に出版された「市民とは誰だ」だった。まだ、保守、革新というレッテル張りが私の中で残存していた頃であり、自らを「革新」の側に位置付けていた頃だったが、この本は、そういう自分が大きく変わるきっかけの一つになったと言って良い。なまじな「革新」「左翼」より、「保守本流」のほうがよほど面白いし、まっとうではないか。
 久しぶりに佐伯氏の論考に触れ、早速彼の最新刊を注文した。
by toruikeda | 2011-01-21 19:03

16日の花

 遅くなってしまいました。一昨日の花です。

f0203118_840364.jpg
f0203118_8405268.jpg

雲竜柳、コデマリ、スプレーバラ
妻が生けました。

f0203118_842617.jpg
f0203118_8422319.jpg

オンシジューム、スプレーバラ、カーネーション、オリエンタル百合、葉っぱは、モンステラ、ルスカスなど
この額縁は、適当に入れればそれなりに豪華でいい感じになるが、花材をたくさん使うので、お金がかかってしょうがない。

f0203118_8462371.jpg

ポピーです。

f0203118_846575.jpg

先週使った椿と菜の花  これも妻が。
by toruikeda | 2011-01-18 08:47

光州詩片

 パキスタン、カラチにいる友人から年始の挨拶メールが届き、その中に 金時鐘の詩集「光州詩片」の冒頭詩が引用されてあった。

私は忘れない
世界が忘れても
この私からは忘れさせない
          
この詩集は、1983年に発表された。3年前の1980年5月、当時は「光州事態」と呼ばれた騒乱が光州に起こった。(全斗煥政権下で起きたこの騒乱は、以後の軍事政権下では「内戦」とされたが、93年に発足した金泳三文民政権によって事件の見直しがされ、「光州民主化運動」と呼ばれるようになった。)詩集は、日本に住む著者の光州事件への思いを綴ったものだ。
YAHOO百科事典によると、「事件の犠牲者は公式発表では官民あわせて死者191人、重軽傷者852人とされているが、死者だけで2000人を超えたとの説もある。」
私は、10年ほど前に光州を訪れたことがある。案内してくれた地元の青年は、犠牲者が眠る広大な墓地を案内してくれた。少なくとも彼は、その墓地の埋葬者はすべて光州事件の犠牲者だと、私に説明した。そこには、191などという数字ではありえない、膨大な墓石が整然と並んでいた。
 20年近く経っていたにも関わらず、彼にとって光州事件は、未だ「現在」であった。事件当時、高校生だった彼は、「自分は生き残ってしまった人間だ」と呟いた。
私がその地を訪れたのは、この地にできた廃油リサイクルのせっけん工場を見学し、その運動にかかわる人たちと交流するためだったが、彼とともにせっけん工場づくりにかかわる仲間も、全員がそれぞれの「光州事件」を背負って環境運動に取り組んでいた。
この経験は、私にとっての「韓国」に大きな影響を与えることになった。
彼の名は、金江烈。大切な友人だ。
by toruikeda | 2011-01-17 20:23

先ほどの続き

 投稿し終えてインタネットニュースを見たら、共同通信の緊急世論調査で、内閣改造後の内閣支持率が、32.2%と8.6%上昇したことを伝えていた。私は、これを歓迎したい。菅さんが総理としてふさわしいかと言えば疑問符をつけたくなるところもあるが、とにかく、社会保障と財政再建の筋道をつけるという6月までは、支持率が下がらないで、その仕事を成就してほしいと思う。
 同じ世論調査で、消費税率引き上げに賛成が54・3%で、反対の43・3%を上回ったという。国民は既にその必要性を理解しているのだ。あとは、政治がその国民の危機感を現実の政策に仕上げる責任を果たさなければならない。
 ところで、その調査で、政治資金規正法違反罪で強制起訴される小沢一郎民主党元代表に58・7%が議員辞職を要求し、22・4%が離党すべきだと答えたそうだ。これについては、私の考えは違う。「小沢型政治」は絶対に払しょくしなければならないと、私も強く思っている。だから、菅総理が脱小沢に動くことは良しとする。しかし、強制起訴されたら議員辞職、或いは離党というのは違うのではないか。
 この問題で彼に要求することは、政治倫理審査会等の場で説明責任を果たすべきだという一点だと、私は思う。推定無罪の原則は政治家にも適用されるべきだ。つい最近、厚労省の村木さんの事件があったばかりではないか。まして、小沢事件は、検察が不起訴としたものを検察審査会が強制起訴に持ち込んだもので、その判断にはとかくの議論があったではないか。
 「小沢型政治」の脱却と、強制起訴を理由に小沢一郎氏の政治生命を奪うことは、まったく別のことだと思う。
by toruikeda | 2011-01-16 01:05

菅第2次改造内閣

 昨日、内閣改造があった。巷間言われるように、最大の話題が、元自民党の重鎮、与謝野馨氏が入閣し、社会保障、財政担当大臣に就任したことだ。最近まで民主党を痛烈に批判してきた人の入閣は、権力欲に駆られたのか、それとも憂国の志が故かと、かまびすしい。与謝野さんの人となりを知らない私には、彼の真意を知る由もないが、指名した菅総理は、社会保障と財政再建にようやく本気に取り組むつもりなのだと、私は思いたい。
 今日から、毎年恒例の事業所訪問が始まった。各事業所を回って、来年度の社会福祉法人生活クラブの事業計画案を説明するのだ。今日は、風の村に60人程度の職員が集まったのだが、その場でも私はこの国の財政問題について話をした。
 我が国の借金は、GDPの2倍弱90兆円余りになっている。先進国ではダントツの数字だ。税収を大幅に上回る国債を発行して国家予算を賄っているが、こんなことは長く続くはずがない。最近も友人と話をしたが、平成24年度予算が組まれるまでの間に、消費税増税を含む税制改革について何らかの方向性が打ち出されなかったら、国債の暴落は不可避だろうということで意見が一致した。そうなったら、この国は破たんに向かう。もう残された時間はほとんどないのだ。
 この数カ月の新聞各紙の社説を読むと、消費税のアップを含む税制改革を急がねばならないという論調で一致している。増税について一紙の例外もなく賛成するというのは、これまでまずなかったことだ。切羽詰まっているこの国の状況に、ようやくマスコミも気づいたということか。
 新内閣は6月までに社会保障と財源問題について一定の方向を打ち出すという。ここまで不人気の内閣に本当にそれができるのかと揶揄する声も聞こえてくるが、そんなことを言っている場合ではない。
 その意味では、与謝野さんの起用が「吉」と出ることを祈りたい。
by toruikeda | 2011-01-16 00:46

生活クラブ千葉グループ新年交流会

 生活クラブ千葉グループ新年会が開かれたのは先週の土曜日だったので、だいぶ古いネタではある。ご容赦願いたい。
 グループの新年交流会としては3回目になる。生活クラブ千葉グループはオブザーバーを含めて9団体で構成されている。すべて生活クラブ生協を母体にできた団体だ。会場のキャパがあるので参加者は200名あまりに押さえられているが、その制約がなければ、もっとおおぜいが参加することだろう。そういう熱気が感じられる会だった。9団体がそれぞれ個性的な活動を展開しており、地域にしっかりと根付いているからこそであろう。
 今回、参加者にとってもっとも印象に残ったのが、今年7月にオープンする「生活クラブいなげビレッジ虹と風」(以下、「いなげ虹と風」、社会福祉法人生活クラブのホームページで詳しい情報をご覧ください)のことだったろう。もちろん、冒頭にその詳しい紹介のパワーポイント映像を観ていただくという演出をしたからではあろうが、来賓としてご臨席いただいた熊谷千葉市長も、前千葉県知事で社福生活クラブ名誉顧問の堂本暁子さんも、ごあいさつの中心が、いなげ虹と風への期待だった。
 3時間に及ぶ会の中で、生協の生産者の皆さん等おおぜいの参加者が私のところにご挨拶に来ていただいたが、やはり一様に、いなげ虹と風構想への賞賛と期待を語って下さった。
 いなげ虹と風には、千葉グループ9団体中5団体が入居し、それぞれの事業を展開するとともに、連携して地域活動に取り組む。
 期待の大きさに、武者震いしている。
 
by toruikeda | 2011-01-12 19:21



社会福祉法人生活クラブ理事長の日記
以前の記事
twitter
最新のトラックバック
不登校・ひきこもり脱出レ..
from 厳選電子ブック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧