風の村花日記

現地報告

東北関東大震災共同支援ネットワークから

★現在募集している物資について、ブログに掲載しています。
ボランティア活動Q&Aとともに、カテゴリ「ボランティア、活動資金、物資募集」からご参照ください。なお、物資をお送りいただく際には、お手数ですが、事務局までご連絡をお願いいたします。

★事務局での後方支援、コーディネートやマッチングも重要な業務です。こういったお手伝いをいただけるボランティアも募集しています。

★石巻の避難所では、小中学生を中心に、「シュッシュ隊」を結成。インフルエンザなどの感染症防止のために、霧吹きを片手に避難所内の加湿・換気につとめています。

☆共同ネット事務局のある仙台市青葉区国見地区では、配食に地元の学生ボランティアが活躍しています。ガソリンがないため、自転車や徒歩でお弁当を配っています。

★ボランティアの送迎や物資を運搬するための車両(ワンボックスカー)が必要です。廃車予定のものでもかまいませんので、ご不用な車両がありましたら、事務局までご連絡ください。


次に、ホームレス支援全国ネットワークからの報告です。

避難所にいる人たちの多くは、テレビやラジオなどのメディアにアクセスできない状態にあり、入ってくる情報がとても少ない。材料がなくて、判断できない事柄もあるようだ。そこで、地元の新聞を配布し、みなさんに非常に喜ばれた。

また、避難所の壁などに注意書きを書こうと思っても、紙やペン、セロテープや画鋲などが無く指示することが出来なくて、困っているとのことである。そこでこまごました少量の文具類はこちらの店で買うことにした。その方が、地元の経済を少しでも潤すことが出来るからである。

被災したときに履いていた靴をずっと使い続けているので、上履きのスリッパと下履きのサンダル、瓦礫の片付けのための長靴などの需要がとくに高まってきている。

昨日報告した多賀城市の歯科医師さんは、午前中は外来診療し、午後からは七ヶ浜や塩竃などの避難所を訪問診療している。ガソリン不足により行動を制限していたが、これで安心して廻れるという声をいただいた。

自衛隊や行政から物資が届いているところも、小さな避難所は配布が不定期であったり、飲み物が届かなくなったりと、まだまだ予断を許さない状況である。
by toruikeda | 2011-03-29 23:53
<< 軽自動車をとりあえず12台&今... 支援物資運転ボランティアの募集 >>



社会福祉法人生活クラブ理事長の日記
以前の記事
twitter
最新のトラックバック
不登校・ひきこもり脱出レ..
from 厳選電子ブック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧