風の村花日記

生活再生支援センター

 昨晩、生活再生支援センターの運営委員会があった。
生活再生支援センターとは、多重債務状態にある人の相談センターだ。県の委託で多重債務相談を行なっているVAICコミュニティケア研究所が事務局を務めている。このたび、新しい活動として緊急小口支援基金を創設するを決めた。多重債務相談に来ようとする人の中には、その交通費もない人がいる。わずかなお金に困っている人には、多重債務への対応の他に、社協の総合支援基金など小口の融資制度の窓口につなぐのだが、融資の実行までに、数日から、場合によっては1ヶ月以上かかることがある。その間のつなぎ資金を1万円を限度に用立てようというのが、この活動の趣旨だ。
 昨晩は、その仕組みを決定したうえで、この基金の名称も決めた。
10数個の案の中から選ばれたのは「アリエッティ基金」、ご存じスタジオジブリの最新作「借り暮らしのアリエッティ」に因んだのだった。「借り暮らし」というのが少々ひっかからないではなかったが、アリエッティの家族は、本当に必要なものを必要な量しか借りないのだから良いだろうということになった。
 名付け親は、生活クラブ生協の映画好きの常務理事だ。

 明日は、甥の結婚式に出席するため、富山に日帰りで行ってくる。
by toruikeda | 2010-10-15 19:35
<< 介護なんでも文化祭 ソルトさん、メールありがとうご... >>



社会福祉法人生活クラブ理事長の日記
以前の記事
twitter
最新のトラックバック
不登校・ひきこもり脱出レ..
from 厳選電子ブック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧