風の村花日記

水分制限

 透析を始めて11カ月が経過しようとしている。最初は昨年12月25日、それから週2回、月曜と金曜の夕方に病院に通っている。当初は透析時間が3時間だったが、今は3時間半に延び、病院を出るのが午後9時過ぎになる。
 食生活で制限されるのがカリウムとリン、果物、生野菜にはカリウムが多く含まれているので、避けなければならない。私は果物が大好きなので、夏から秋、冬にかけて、桃、ぶどう、スイカ、梨、柿、リンゴ、ミカンと移り変わる旬の果物を口にすることができないのは、結構悲しい。熱処理された缶詰はカリウムが少なくなっているから多少は良いというので、それで我慢している。ジャガイモ、サツマイモなどのいも類もカリウムが多い。野菜の中でもホウレン草はダントツに含有量が多い。
 リンを含む食べ物も結構多い。肉類は牛ロースは比較的少ないがレバーは豚も鳥もダメとか、魚でいうとマグロの赤身よりトロのほうがリンは少ないとか、アンチョコを見ながら食事のメニューを考えなければならない。
 しかし、それらよりもつらいのは水分制限だ。腎機能が衰えてくると、ろ過能力が落ちるだけではなく、尿量が少なくなり、排泄できない水分が体内にたまる。たまり過ぎると足などがむくむだけでなく心臓に負担がかかるなど生死にかかわる。したがって1日に飲む水分量を極端に減らさねばならない。
 透析時に、除水といって、体内にたまった水分を抜くことができるが、その限界が体重の3~5%、私の場合、体重が70キロだから最大で3.5キロということになる。これまでで一番たくさんの除水量は3.2キロだ。4日間で3キロくらい水がたまり、透析でそれを抜き、また次回までに3キロ程度増えるという繰り返しだ。何とか増体重を2.5キロ以内くらいで抑えようと、1日に飲む水分を1リットル以内に制限している。
 朝、保冷水筒に角氷をいれ、夕方までそれを小出しに食べながら渇きを癒すのだ。
思いっきり、がぶがぶと水を飲んでみたい!
by toruikeda | 2009-11-12 21:55
<< 「里」という思想 昨日の花 >>



社会福祉法人生活クラブ理事長の日記
以前の記事
twitter
最新のトラックバック
不登校・ひきこもり脱出レ..
from 厳選電子ブック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧